幻のカボチャ料理

幻のカボチャ料理 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

幻のカボチャ料理

レシピ本をテキストに妻はカボチャ料理に取り組みました。
味見してくれと言われ団子状態のカボチャをつまむと
小麦粉の味しかしませんでした。
妻にそう言うと、素直に納得していました。
これから改良するのかと思えば、
妻はこの料理を放棄してしまいました。
写真のトマトソースは美味しそうじゃないかと言うと
このレシピは信用できないと決めつけてしまいました。
諦めが早いのと、すぐに責任転嫁する様を見て
私の妻はタイ人だったのだと再認識してしまいました。
結局かぼちゃはスライスして焼き塩を振って食べました。
とても美味しかったです。

ソヘオ、blog・鬣鵐ュ・鵐ー、リ

タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
察するにこれは 
かぼちゃ の ニョッキでしょうか。
時々 作りますが 女子にはホワイトソースが
好評でした。

が男子には かぼちゃ? いらね~と 言われました。

お引越し 落ち着かれましたか?
お疲れ様でした。

 
2007/06/03(日) 11:59 | URL | ちの子 #-[ 編集]
今回もいい画ですね、美しくはないけど。
なんか絵画か雑誌の一こまみたい。
カボチャが良い味だしてますね、ベロというべきか・・・・

奥さん何でもトライしますね、タイ人ってタイ料理とかソムタムなどしか作らないと思ってました。
しかし、諦めと責任転嫁は伝統的なタイ人みたい。
2007/06/03(日) 16:32 | URL | 朝太郎 #-[ 編集]
日本料理の作り方
タイ語で書かれた日本料理の作り方のサイトを見つけました。
お役に立ちましたら、幸いです。ほんと。

http://www.arukithai.com/th/japanfood/default.asp

http://www.horapa.com/content.php?Category=Japan&No=569
2007/06/03(日) 18:19 | URL | バンコクの写真 #-[ 編集]
ちの子さん
引越し先には妻の家族や村人や
虫が沢山いるので落ち着きません。

朝太郎さん
写真は高価なアルカリ電池をストロボに詰めて撮っています。
うちの妻はタイ料理はできません。何でもイサーン風にしてしまいます。

バンコクの写真さん
早速妻に見せて明日にでも作るようにと命じたら
酒と本だしを用意するように言われました。
こちらでは酒と本だしを見つけるよりも
新しいお料理係りを見つけるほうが簡単かもしれません。
2007/06/04(月) 00:54 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://87man5.blog77.fc2.com/tb.php/82-975eb420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。